6次産業化とは?

「6次産業化」とは、地域ごとの資源や特長を活かし、農林漁業者が生産・加工・流通販売を一体化することや、2次産業・3次産業と連携して新しいビジネスの展開や営業形態を創り出すことです。そうすることで、農山漁村の雇用と所得を確保することを目指しています。生産部門の1次産業、加工部門の2次産業、流通販売部門の3次産業の、1、2、3を掛けて6になることから、6次産業化といわれています。

 2次産業、3次産業との融合により、農林漁業の可能性は大きく広がります。例えば、1次産業が産み出す生鮮品は売れる時期が限られますし、売る値段も市場の影響を受けやすいです。しかし、生鮮品を冷凍や乾燥などの加工をすれば販売時期を変えられますし、直売所などの販売ルートがあれば、自ら価格を決めることが可能です。

 農林漁業では競争力強化や従事者の確保が喫緊の課題となっており、成長産業化として発展させる「6次産業化」への期待は益々高まっています。

(政府広報オンラインより抜粋)

 

 農業の6次産業化には、例えばこういうものがあります。

 6次産業化は、農産物の価値を上げ、地域の魅力を磨くきっかけとなります。結果として、農家の所得の向上や雇用の促進、地域への移住が進むなどの効果が期待されます。

 

  ただし、この6次産業化を成功させるためには、マーケティング、ブランディング、プロモーション、現在の課題の把握から事業計画、知的商標や衛生管理など、多くのことを学ぶ必要があります。そして何よりも、常に消費者の目線で考えることが重要です。

 少し大変に感じるかもしれませんが、ここで手に入れた思考法は、必ず新しい農業を実現します。

 たくさんの仲間とともに、6次産業化に取り組みながら、未来の農業を実現しましょう。