6次産業化人材育成研修会

未来の農業を6次産業化の視点で考える。

「愛知県6次産業化人材育成研修会」は、「6次産業化の学び舎」として、そんな視点で、県内各地で開催します。

 

6次産業化を全く知らない方から、すでに商品開発し販売している方まで、どんな方にも必ず発見がある研修会を開催しますので、ぜひふるってご参加ください。

 

初回は、7月31日(水)に基礎講義を開催します!


参加者募集中!7月31日(水)開催

愛知県内の農林漁業者や新規就農を検討している方を対象に、6次産業化に必要な知識や考え方を学べる研修会を開催します!

 

特に、農家レストランやカフェ、飲食カーの展開を検討中の方、

加工品をつくりたい方、製造して販路を広げたい方、

外国人にも買ってもらいたい方、輸出を考えている方・・・必見です!

 

****************************

■日   時:7月31日(水)13:00~16:00 ※受付12:45

■会   場:刈谷市産業振興センター 401会議室

■定   員:150名

■講   師:三重大学大学院生物資源学研究科教授 亀岡孝治氏

■コーディネーター:6次産業化サポートセンターセンター長 中野公雄氏

****************************

 

商品は「つくれば売れるってものじゃない」・・・それは農林水産物も6次産業化の商品も何もかも同じです。

しかし、農林水産物すなわち「食材」をつくっている農林水産漁業者だからこそ生み出すことのできる加工品やサービスがあります。

一方で、その良さを表現できなければ、安価な量産品にいとも簡単に淘汰されてしまいます。

また、その品物やサービスを「どんなところで」「どのように」お客様に提供するかも、とても重要です。

 

今回の研修は、自分の経営資源を見つめなおし、稼げる事業者としての考え方を学ぶチャンスです!

 

HACCPや品質・衛生管理について、「わたしは関係ない」と思っていては、消費者から本当の意味で支持をうける事業者にはなれません。

どうしてHACCPなどが求められるかを意識するだけでも、農林水産物や6次産業化との向き合い方が変わっていくはずです。

 

これを機会に、ぜひ、6次産業化の学び舎におこしください。

 

ダウンロード
190731基礎講義チラシ.pdf
PDFファイル 572.3 KB