愛知県は、農業の6次産業化を進める県内の農林漁業者の方々の新しいチャレンジを支援するため、「愛知県6次産業化サポートセンター」を設置しています。

サポートセンターは、6次産業化に関する相談窓口として、6次産業化プランナーの派遣等を通し、総合的なサポートを行っています。

「6次産業化プランナー」とは…

6次産業化に取組む農林漁業者等に助言を行う民間の専門家です。

例えば、

・六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定に向けたサポート

・認定後の事業実施のフォローアップ

・専門的アドバイスを行う機関等の紹介

・相談内容をもとにしたビジネスプランの作成

・地域資源の直販、販路開拓、ブランド化

・地域資源を活用した新商品の企画・開発、デザイン、マーケティング

などをサポートします。

6次産業化は、ただ「商品をつくる」ことではありません。

あなたの農業の現在をしっかりととらえ、未来についてを考えることから始まります。

まずは、ご自身の3~5年先を見据えた経営計画・構想を描いてください。

それを、プランナーと相談し、より具体的な計画に練り上げ、プランナーだけでなく関係機関のアドバイスを受けながら、より実現性のある経営計画を作成していきましょう。

 

ご希望の方には、「六次産業化・地産地消法」に基づく「総合化事業計画」を作成し、認定申請を行うためのサポートも可能です。また、認定後も、補助や融資など認定のメリットを活かした計画の実現をサポートします。

 

愛知県6次産業化サポートセンターは、あなたの未来の農業を一緒に考えます。


NEWS

2019/06/19 「輸出に取り組む優良事業者表彰」の応募受付中!
2019/05/27 NPO法人東海地域生物系先端技術研究会によるセミナー開催!
2019/05/21 エグゼクティブプランナーを募集します!
2019/05/17 愛知県6次産業化プランナーを募集します!
2019/05/10 プランナー派遣申込みの受付を開始します!
2019/05/10 6次産業化サポートセンターを開設しました!

未来の農業を6次産業の視点で考える

 農業を取り巻く環境はどんどん変化しています。後継者が居らず、未来を悲観する人も大勢います。しかし一方で、技術は日進月歩の進化を遂げ、どんどん新しい考え方や道具が農業分野にも入ってきており、農業は新たな成長産業として大きな期待を集めていることも事実です。

 

 農業の6次産業化は、そのひとつ。

 6次産業化と真剣に向き合うことは、これからの農業を地域とともにある新しい産業として生まれ変わらせる大きなきっかけになります。

 

 6次産業化は、それ自体が目的ではありません。もちろん「規格に合わない廃棄農産物を活用するための6次産業化」も1つの道です。しかし、考え方と取り組み方次第で、1次産業である農産物の価値を上げ、地域を盛り上げる可能性を秘めているのです。